読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナソニックが欲しいならココっ~!NationalPaハブラシが割引不要の納得価格!ナショナル

ほかには特になし。サイト主さんが購入したという楽天市場「でん吉」で、さっそく電池を購入。割と簡単に交換できました。

早速ご紹介!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

ナショナル パナソニック ハブラシ NationalPa【在庫あり!】ナショナルパナソニック音波振動ハブラシEW1011、EW1012、EW1013、EW1032、EW1921用蓄電池★1セット【NationalPa

詳しくはこちら b y 楽 天

ふた昔ほど前のプリニア Ml-0001の電池が寿命で・・・。わずかな金額、時間でここまで直り、とても使っています。それにしても「でん吉」の品揃えと対応の良さには驚くものがありますよ。自己責任になると思いますが!この価格で復活するなら大満足です。フル充電でも3分もたず、駆動力も弱くなり、上下の歯を十分磨けなくなったのです。こんなに音波強かったのか?激変です。初めての作業だけど、問題なく交換できた。古いバッテリーなので在庫あってよかったです。交換方法はネットで調べると意外と簡単でした。EW1011を使っていますが!フル充電しても使用時間が短くなっていたので購入しました。ついに充電池の寿命化…それにしても!こんなご時世で新品の電動歯ブラシを購入するのは痛すぎます。どこにはまっていたのか分からないので、外したままで組み直すと異音は解消。毎日快適に使用できています。いい商品です。満足です10年以上使っていた電動ハブラシが復活しました。プリニアスリムも持っているのですが、力が新品のときから弱くて、磨いた気がしないかったので、どうしても、こちらの古いタイプ(Ml-0001)を動かしたくて、一か八かで注文し、交換したら、見事復活!!!パナ用なのでプリニアには対応できないとのメールでの回答がでん吉さんのホームページに載っていましたが、メーカー自体が、古いタイプの修理等を廃止しているのなら、壊れてもいい覚悟で自分でどうにかしようと”panasonic電動歯ブラシ「ドルツ」の内蔵蓄電池を交換してみた”というサイトを見て、自分で交換しました。電池と付属シールのセットが473円!メール便送料が160円の計633円でした。また、利用したいと思います!EW1013のバッテリー用で交換しました。電池には紙製のスペーサーとクッションがついているので、交換前のものと同じように取り付けて起きましょう。交換当初!今までなかった振動が気になっていましたが!2・3日で振動が落ち着き周りになじんだようで今は快適です。電源を入れても全く動かなくなり!12年?も使ったことだしこの際新調しようと探していたところ!充電池だけ買えることを知りました。再度開いて見てみると、内部に小さなスプリングナットが入っていて、振動していました。問題なく使用でき満足でした。数日で配達になり!サイトを見ながら電動歯ブラシの裏ぶたを開け!芯棒を押しながら内部ユニットをそっくり引き出し!電池交換はいたって簡単。10分ほどで完了してユニットを戻しました。商品は使えるのにバッテリーが駄目になってきていたので自分で安く交換できる商品がありよかったです。かれこれ6-7年使ったナショナル(現パナソニック)の電動歯ブラシEW1011が2カ月ほど前から急に元気がなくなりました。梱包状態も商品状態も文句ありません。本当に助かりました。替えのブラシもストックあるし、充電ランプは付くし、これで動けばラッキーぐらいの気持ちでしたが、見事に復活しました! 充電池の先に挟める紙状のワッシャーみたいなものと、電池が中で動かないようにするクッションシールも付属しており、女性でも簡単に交換することができました。本体後と買い換えるより経済的です。稼働時間や駆動力は、新品同様に回復。これでまた何年も使えそうです。安く交換できてよかったです。何とか充電池を自分で交換できないものかと!ネット検索したところ「水筒研究サイト」というサイトの「Panasonic電動歯ブラシ『ドルツ』の内蔵蓄電池を交換してみた 前編」「同 後篇」というページを発見。クッションとパッキンがついているのがうれしいですね。以前市販のニッカド電池を加工して使用していましたが発熱もあり、止まることも多くなったため、純正品に交換しました。でん吉さんの品揃えの良さ、発送の手早さにも感謝です。すごく助かりました!商品も!早く届き!うれしかったです。10年以上前の電動ハブラシの電池がすぐに切れるので困っといたところこちらの商品を見つけました交換もすぐにできたので良かったですとてもたすかりました。どこまで持つかは分かりませんが、この磨き心地じゃないとだめなので、復活して良かったです。注文番号:底部のねじを外し、内部の2つのツメをマイナスドライバーなどで内側に少し曲げておいて、反対(先端)側の軸を押し込むようにすると中の機構を取り出すことができます。交換は底側のねじを外し、2か所ある爪を細いマイナスドライバーで爪を外しながら押し出すと中身がすっぽり外れます。わずかな金額と作業をするだけでまだまだ頑張ってくれそうです♪14年前に買った電動歯ブラシ!ドルツの充電が持たなくなり!いよいよお払い箱かと思っていましたが!こちらの商品を見つけて見事に復活しました!14年間毎日使ってきたドルツが現役なのも奇跡のように思っていますが!更に長く付き合えそうで!大変嬉しいです。さっそくスイッチを入れると異音が。